スタッフブログ

横浜のサポート校の実態

横浜は特に学校のレベルが高い学区であると言えるでしょう。
横浜周辺は東京に並んで非常にレベルの高い高校や大学が数多く存在するのです。
そのため中学や高校での教育水準も高く、熾烈な競争が日々繰り広げられているのです。
しかし全ての生徒がこうした高水準の教育レベルに追随し、有名高校や有名大学に進学できるわけではありません。
こうした不登校になってしまった弱者に対しても、横浜ではサポート校を開校し、不登校の生徒のフォローにあたっているのです。
サポート校は横浜市の自治体、ボランティア、NPO法人などによて運営されているのです。
決して充分な教師の数、施設ではありませんが、
不登校の生徒がサポート校に通いやすいように生徒一人ひとりに合わせたペースで個別指導型で勉強をサポートしてくれるのです。
サポート校は個別指導型なので、劣等感を持たずに自分のペースで勉強を進められるのが良いところです。
またサポート校ではボランティアの精神科医、心理療法士、カウンセラーを派遣してもらい、
不登校の生徒の心のケアにも力を入れているのです。
またサポート校では同じ不登校の子供をかかえた両親同士のコミュニケーションの場も設けられ、痛みを共有し、
両親のメンタルケアにも力を入れているのです。
またサポート校ではやる気のある生徒には、通信制の高校の進学、ダブルスクールを勧め大学受験を目指すなど、
進路指導も熱心に行ってくれるのです。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る