スタッフブログ

千葉県にあるサポート校の実態

千葉県の学校にも様々な問題が山積しています。
その一つがいじめ問題と言えるでしょう。
千葉県内の多くの学校でもいじめ問題が発覚し、教育委員会を悩ますものとなっているのです。
いじめ被害を受けると、それがトラウマになってその生徒はやがて学校に通えなくなってしまいます。
家に引きこもってしまい、一日テレビや漫画を観て過ごすようになり、
学力低下、コミュニケーション能力低下などが問題になってくるのです。
こうした引きこもりの子供を持つと親は焦ったり、非常に心配になるものです。
しかし悲観することはありません。
千葉県内にはサポート校というものが存在し、そこでは不登校や引きこもりの生徒をスクーリングさせ、
個別指導や少人数制で学習がすすめられ、学校の勉強の遅れを取り戻すことが可能なのです。
またサポート校では、千葉の農村部に出向き皆で芋ほり、田植えなど体験学習なども実施しています。
そこで興味を持てば、さらにこうした農業の仕事を体験させてもらえ、技能を身に付ける事が可能になっているのです。
サポート校では自分の個性が尊重され、その生徒にあった学習がマイペースに進めることができるので、
自信を回復させることもできるのです。
またサポート校では同じ境遇の生徒が多く通学しているので、
コミュニケーションを円滑に図ることができ友達をつくることもできるのです。
勉強や友達を作ることで自信を回復し、もとの学校に復学できた生徒も数多く存在します。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る