スタッフブログ

生徒のトータルケアに力を入れているサポート校の特徴

子供が原因もわからず、ある日突然不登校になり部屋に引きこもってしまうことがあります。
親は何故我が子に限ってこんなことになるのかと困惑し、基礎学力が低下していくことを恐れ、何とか復学させようと焦ってしまうものです。
しかしここで親が無理強いして子供を復学させようとすると逆効果な場合が多いのです。
こうした場合はサポート校などをうまく利用すると良いと言えるでしょう。
サポート校には元教員や大学講師が常駐し、着区教育課程などを個人指導で行ってくれるものもあるのです。
また本人のやる気次第では基礎学力だけでなく大検を目指せるカリキュラムを組んでくれるのです。
しかしサポート校のマンツーマン指導で学力だけつけて言っても、社会に上手く適応できる大人にはなれないのです。
やはりどうして学校に行きたくないのか、何かいじめなどでトラウマや心の傷があるのかなど深層心理に迫り原因を解明して、出来れば復学できるようにサポートすることが大事なのです。
サポート校には臨床心理士や精神科医を医療機関から派遣してもらい、体調のケアと心のケアに尽力するところもあるのです。
こうしたプロによるカウンセリングの結果、体調が良くなったり、人間不信が解けていき、自分に自信がもて復学できた生徒も沢山存在するのです。
人間は学力や学歴だけでは上手く社会化し、自立できる人間になっていくことはできません。
やはり学校に通い多くの人とコミュニケーションを図り友達を作ることで、自立できる大人になっていくことができるのです。
そのため引きこもりで悩んでいる場合は、こうしたトータルケアに力を入れているサポート校を利用すると良いと言えるのです。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る