スタッフブログ

東京都にあるサポート校の実態

サポート校とは通信制の高校に在籍する生徒を支援する教育施設で、単位取得や進級だけでなく生活面でのに必要なサポートを行います。
学習センターと呼ばれることもあります。
入学できるのは原則として中学卒業見込み者あるいは中学校卒業者です。
サポート校と通信制高校が提携していることも多くあります。
サポート校を運営する母体は予備校や塾、専門学校などの学校法人が多くあり、
進学や資格取得に力を入れている人には適切な環境だと言えます。
年間の学費は学校によって違いますが、およそ90万円から100万円程度になります。
入学は面接試験によるものがほとんどです。
サポート校での指導は、レポートの作成指導、試験対策などのほか、全日制高校と同じようにホームルームや卒業旅行などをおこなっているところもあります。
そのため、通信制高校のキャリキュラムを自学で行うことが難しかったり、
不登校で集団生活がなじめなかったりしている人たちにきめ細かい対応がされているといえます。
東京都にあるサポート校は様々な特徴を持っておりそれぞれが個別化をはかっていることが分かります。
不登校の生徒のために個別指導をおこなう学校やパソコン教育に力を入れている学校もあります。
またユニークなところとしては教育の一環としてスポンサーとなっているスポーツチームのボランティアを行っている学校もあります。
さらにジャンルを特化した学校では、アニメーション業界の人材育成をめざしている学校、
ネイルアートやメークアップ、ファッションを専門とした教育を行っているところもあります。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る