スタッフブログ

サポート校選びのポイント

《サポート校とは》
 サポート校は、通信制高校に在籍している生徒さんを、
生活面や学習面、精神面をもサポートすることを目的としているために、基本的には週何日通学するか決まってはいません。
 週5日通学するサポート校もあれば、不登校だった生徒さんなどにも対応できるように週2日、または週3日の通学でよかったり、在宅で学習できるコースなどもあるので、生徒さん自身のスタイルに合ったところを選ぶことが大切です。
 また、通学することが前提ですから、生徒、保護者の方共に通学するのに無理のない距離にあるサポート校を選ぶことが望ましいでしょう。
 なかには全国に分校がありサポート校間で転校が可能だったり、また兄弟で違う通学校舎を選ぶことが出来るサポート校もあります。
《スクーリング》
 サポート校は、通常認定された各都道府県のスクーリング会場での学習が必要です。各県にない場合には地方の本部校に宿泊スクーリングを行うところもあります。詳しくはサポート校のホームページや通信制高校のホームページをインターネット等で調べてみるとよいでしょう。
 ちなみに湘南国際学院では、基本的には宿泊のスクーリングはありません。
《進路》
 サポート校は、高校の必修科目の勉強に加えて、専門学校で学ぶような知識や実技を学ぶことができるところもありますし、
或いはスポーツや専門的な資格を取得することが可能なところもあります。進路指導も充実していますから、高校卒業資格とともにそれらの専門知識や資格を取得することを考えて、サポート校を選ぶと良いでしょう。
《eラーニングシステム》
 全日制高校や定時制高校に比べると、サポート校にはeラーニングを積極的に利用している学校が多くあります。
eラーニングとは、インターネット上で実際の授業を受講したり、必須であるレポートを送信することができる学習システムです。
このようなシステムを導入している学校ならば、登校が困難な日でも勉強をすることができますので、選択ポイントの一つと言えるでしょう。
 湘南国際学院では基本的に3つの通信制高校と協力関係にあります。そのうちの1校は原則eラーニングで学習します。なかなか、表に出られない生徒の皆さんにはお薦め致します。
《学費》
 そして学費についてですが、通信制高校の費用とは別にサポート校の学費にはかかります。その費用はかなりの開きがあります。授業料は年間30万円から200万円と大きく違ってきます。また、入学金・施設費・寄付金等授業料以外の費用がかかるところもあります。
 逆に奨学金制度や特待生制度などを設けているサポート校もあり、学費の免除などが受けられます。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る