スタッフブログ

「よこすか田んぼ研究会 田植え体験プログラム」に参加しました

2015年6月7日10時~12時、横須賀市内某所にて横須賀校の生徒有志が「よこすか田んぼ研究会 田植え体験プログラム」に参加しました。

田んぼ

内容は「稲の観察」「泥遊び」「田植え」。

田植え

よこすか田んぼ研究会さんは、田んぼでの活動を通して、環境・食育・生態系などさまざまな学びを提供する市民活動公益団体です。

下見に行った時には野鳥が多く、雉などが「ケーン、ケーン」と啼いていました。

当日は、ボーイスカウトの団体の方や一般の方50人以上(小学生が多かったです)が参加し、大人も子どもも泥まみれになりました。

 

星槎国際高等学校の湘南校では農作業を特徴にしています。

土に関わることは教育にとって非常に大切なことの一つです。

足で感じる田んぼの泥の感触は言いようがありません。

是非、体験してみてください。

 

来週の14日にも「よこすか田んぼ研究会 田植え体験プログラム」あるそうです。

参加される方は近くの農家の朝どれ野菜?(というか「ズッキーニ」などはその場でとってくれました)がおすすめ!!

私は「にんにく」「赤空豆」「ズッキーニ」「新玉ねぎ」を分けて頂き、生徒たちは「大根」「キタアカリ」などを購入していました。

まさに、「環境・食育・生態系」・・・

 

秋の稲刈り体験も是非参加させていただき、次年度は教育プログラムに入れたいなぁと思います。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る