スタッフブログ

認知発達の講演会のお知らせ

「具体的な事例とその対応について」


 

  身長や体重の発達に個人差があるように、認知の発達にも個人差があります。
  たとえば、九九を覚えるときに、耳で聞いて口で言うことによって覚える子どももいれば、書いて覚える方が得意な子どももいます。
  障害のあるなしにかかわらず、得意な認知パターンを生かした学習方法を支援していくことはとても重要なことだと考えます。今回は、支援の実際を具体例をあげながら説明します。

【講   師】 西永 堅
東京学芸大学教育学部心理臨床専攻卒業
東京学芸大学大学院教育学研究科障害児教育専攻修了
星槎大学共生科学部専任講師を経て、現在、星槎大学共生科学部准教授
【著  作】
「学習障害・学習困難の判定と支援教育」
「自閉症児の親を療育者にする教育―応用行動分析学による英国の実践と成果」
「特別支援教育における臨床発達心理学的アプローチ―生涯発達的視点に基づくアセスメントと支援」

【場  所】 ヴェルクよこすか  
              横須賀市日の出町1-5 TEL:046-822-0202
【日  時】 平成23年10月1日(土曜日)
【時  間】 受付                            12時40分?
       講演会                          13時?14時
       アンケート・質問の記入     14時?14時20分
       講演会                          14時20分?15時20分
       個別相談会                    15時30分?16時30分 
【対  象】 誰でも参加できます。
【定  員】 150名(先着順)
【参加費】 無料
★湘南国際学院がブース参加します。高校への進路相談もできます。 

【主催】 NPO法人 湘南国際

【後援】 横須賀市

【お問い合わせ・受付】 事務局 横須賀市汐入町2-46-1
                                            TEL:046-827-1941
                                            FAX:046-827-4119

 

お申し込みはこちらから

 

前回の「認知発達」についてのアンケート結果

 

 発達の手だてを詳しく知りたい。

 個人差が大きいとは、個性とも言えましょうか?文字はあまり読めなくても、カラオケでしっかり歌っているのを聞くと、不思議です。

 知能検査だけがすべてでは無いという事。重たかった心が晴れました。学校側の対応が辛かったです。

 本人(息子)の状態を親がはあくし、どうすればできる事が増えていくか考えていきたいと思います。

 今ひとつ、まだ理解できていません。

 認知のゆがみとよく聞くのですが、それによる生活のしづらさは何があるのでしょうか?

 具体的に教えてくださったのでわかりやすかったです。

 人によって発達のし方があるので、それをふまえた指導が必要だと思いました。

 普通級へ通っている認知障害のお子さんについて授業についていかれない→理解できない→まわりの子にちょっかいをだす→ふざける→先生にしかられる・・・。わかっているのに同じ事をくりかえす子に対してどのような言葉をかけるのがよいか?

 伸び伸びとさせたいが他の人に迷惑をかけないようにする境界線がむずかしく苦労しています。(ときおり失敗してしまう)

 認知発達を他の人にわかってもらうのはとても難しいと思いました。

 理解しやすかったです。

 理解できた。

関連記事

アーカイブ

ページ上部へ戻る