湘南国際アフタースクール(放課後等デイサービス)

学習する力を身に付けることで
子供たちの自立を支援する。

他の放課後デイサービスとのちがいとは・・・・

現在、横須賀市、藤沢市には数多くの放課後デイサービスの事業所があり、各々いろいろなサービス提供しております。運動に特化したもの、集団生活のなかでの社会性など様々です。
その中で、湘南国際アフタースクールでは”学習”に力を入れたサービスを提供しております。

IMG_2624

学習を通して集中力、忍耐力、挑戦する力を身につけさせ、それが子供たちの自信につながると思っています。

学習を通して子供たちを”褒め”そして”やる気”を引き出すことを心がけています。今の子供たちは”褒められる”ということになれておりません。最初は褒められることに慣れていない子供たちもここでは褒められると非常に良い表情をだし、今まで以上に頑張る力を身につけてくれております。

そこで導入したツールが”公文”になります。公文式は「読み・書き・計算」を反復させます。できるところから始めスモールステップで繰り返し繰り返し行います。それによって学習力が高まり、最終的に自立につながっていきます。

言葉で言い表すことは難しいのですが、ぜひ一度体験してみてください。確実に子供の成長を見ることができることができます。

こんなことをしています。

■湘南国際アフタースクール横須賀では、夏休み行事《第1弾》として7月28日、8月1日の2日間 諏訪小学校屋上のプールをかりて水遊びをしました。ボール、ビート板や水鉄砲で遊ぶ子、潜ってどれだけ多くの小物がとれるか競争する子など。とても有意義な1日でした。

■6月12日に田植えをする機会があり、これは貴重な体験ができるのでは?と思い希望者を募り子どもたちを連れていきました。
その時の様子はこちらです。

  • 4月より小学生も対象とすることになりました。お気軽にご連絡ください。
  • 湘南国際学院は児童福祉法に基づく放課後デイサービスを藤沢・横須賀(9月1日)に開校いたしました。

公文式を導入したわけとは

ここでは発達障害のある高校生、中学生を対象とした学習を中心に自立支援できる各種プログラムを提供いたします。

また放課後等デイサービスでは全国で2番目となる公文式学習プログラムを導入しました。(※公文の費用に関しては事業者負担となります。)

皆様もご存知の通り、公文式は何百というスモールステップでの学習方法を採用しています。よって算数ができない・・・数学ができない・・・と思っているお子様でもそのレベルに応じた段階から学習を始めていきますので、知らず知らずのうちにできなかった算数・数学ができるようになってしまいます。

公文

またできる問題から取り組むようにしますので、楽しく学習することが可能になり、日々行うことによって下記の効果を得ることができます。

  • まずは集中力を10分から身につけることができます。
  • コツコツ行うことによって忍耐力をつけることができます。
  • 挑戦する力(やればできるんだ)というあきらめない心を養うことができます。

そして最終的に「生きる力を育みます

※採点者は公文式研修を終えたものになります。
※公文の利用料金に関しては事業者負担となります。

 

サービスについて

定員 10名
対象 知的障がいや自閉症等発達障害のある小学生・中学生・高校生
※月23日必要だと判断された児童・生徒を優先いたします。
地域 藤沢希望の方:藤沢市全域(他の市区町村でもご利用可能です。)
横須賀希望の方:横須賀市全域(他の市区町村でもご利用可能です。)
利用時間 月曜日~金曜日 13:00~17:30
ご連絡先 藤沢:0466-47-6984
横須賀:046-827-1941
※お気軽にご連絡ください。体験授業も随時受け付けております。
利用料金 自己負担額最大1割(1回700円~1000円程度)所得に応じて負担額の上限があります。
※負担額上限
生活保護・低所得 0円
一般世帯1 4,600円
一般世帯2 37,200円

ご利用までの流れ

  1. お電話でお問い合わせ(藤沢:0466-47-6984 横須賀:046-827-1941)
    お気軽にお電話ください。面談日を設定いたします。
  2. 管理者と面談
    サービス内容や利用手続きの進め方を説明いたします。
  3. 市区町村での手続き
    お住いの市(区)役所の担当課で、障害児通所給付金の申請を行います。
  4. サービス利用も仕込み
    市(区)役所から通知給付の決定を受けたら、通所受給者証が発行されますので、その受給者証を持って当サポートセンターで契約を結び、利用開始となります。
  5. サービス開始
    児童発達責任者との面談後、スタッフ全員によるお子さまの情報共有、個別支援計画に基づいて学習支援や発達支援プログラムを実施します。

ページ上部へ戻る